【GAS、Google Spreadsheet】Googleカレンダーにスケジュールを登録するためのスクリプトです

Code

はじまり

135ml
135ml

うーん、月曜から金曜まで一気通貫の予定として入力するとスケジューリングしにくいなあ・・・。日にちごとに予定をいじりたいのに・・・。

リサちゃん
リサちゃん

おーい、ボンカレー食べるかー?

135ml
135ml

よし! 1日ずつ予定を打ち込めるスクリプトを作るぜ、俺は!

うおおおおお!!!

リサちゃん
リサちゃん

おーい、ボンカレー食べるかー?

135ml
135ml

食べる!

ツールの紹介

ツールはこんな感じになっています。

  • startDateに連続した予定期間の開始日を入力して、endDateに終了日を入れます。
  • それと予定の「title」と「startTime(開始時刻)」と「endTime(終了時刻)」も入力します。
  • 「color」は、下の「専用コード(color)」の方から予定の色にしたい色を決めて、「色番号」の数字の中から入力します。

「description」「location」「guests」「sendInvites」は任意項目です。

実際に

シートの造り

シートの作りとしては、基本的にシートの上の方から、値をスクリプト内の変数に設定していっています。スクリプトの流れがそんな感じになっています。「毎日入力(始まり)」から「毎日入力(終わり)」の間の値を利用しています。

スクリプトの紹介

このツールに使用しているGoogle Apps Scriptのソースになります。

カレンダーへの入力用シート.gs

// カレンダーに予定を追加する。
function createEvents() {
  // カレンダーのインスタンスを設定する。
  const calendar = CalendarApp.getDefaultCalendar();
  
  // スプレッドシートのインスタンスを設定する。
  const ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  const sheet = ss.getSheetByName('カレンダー入力');
  const range = sheet.getRange('C3');
  
  // 諸々の変数を設定する。
  const column_of_key = 2; // キーの列:数値
  let row = 1;             // 走査の開始行:数値
  let key;                 // キー:数値
  let array_to_input = []; // 入力用:配列
  let startDate;           // 開始日:文字列
  let endDate;             // 終了日:文字列
  let color;               // 色番号:数値
  let a_day;               // とある日にち:文字列
  let num_of_date;         // 日数:数値
  let startTime;           // 開始時間:文字列
  let endTime;             // 終了時間:文字列
  let options = {};        // 入力のオプション枠:辞書
  let event;               // イベント:Event
  let day_of_EOM = {'01': 31, '02': 28, '03': 31, 
                    '04': 30, '05': 31, '06': 30, 
                    '07': 31, '08': 31, '09': 30, 
                    '10': 31, '11': 30, '12': 31} // 月末の日付:辞書

  // カレンダー入力データの起点を決定。
  while(sheet.getRange(row,column_of_key).getValue() != '毎日入力(始まり)'){
    row++;
  }
  
  // 「options」行まで、入力値を読み込む。
  while(sheet.getRange(row,column_of_key).getValue() != 'options'){
    key = sheet.getRange(row,column_of_key).getValue();
    if(key == 'startDate'){
      startDate = Utilities.formatDate(sheet.getRange(row,column_of_key + 1).getValue(), "Asia/Tokyo", "yyyy/MM/dd");
    }
    if(key === 'endDate'){
      endDate = Utilities.formatDate(sheet.getRange(row,column_of_key + 1).getValue(), "Asia/Tokyo", "yyyy/MM/dd");
    }
    if(key === 'title'){
      array_to_input[0] = sheet.getRange(row,column_of_key + 1).getValue();
    }
    if(key === 'startTime'){
      startTime = sheet.getRange(row,column_of_key + 1).getValue();
    }
    if(key === 'endTime'){
      endTime = sheet.getRange(row,column_of_key + 1).getValue();
    }
    if(key === 'color'){
      color = Number(sheet.getRange(row,column_of_key + 1).getValue());
    }
    row++;
  }
  
  // 日数を設定する。(開始月と終了月が異なるかどうかで場合分け。閏年には非対応。)
  if (endDate.slice(5, 7) === startDate.slice(5, 7)) {
    num_of_date = Number(endDate.slice(-2)) - Number(startDate.slice(-2)) + 1;
  } else {
    num_of_date = Number(endDate.slice(-2)) + Number(day_of_EOM[startDate.slice(5, 7)]) - Number(startDate.slice(-2)) + 1;
  }
  
  // 繰り返し方を設定する。
  let recurrence = CalendarApp.newRecurrence().addDailyRule().times(Number(num_of_date));
  
  // 「option」の行をスキップ。
  row++;
  
  // 「options」内に入力する値を読み込む。
  while(sheet.getRange(row,column_of_key).getValue() != '毎日入力(終わり)'){
    key = sheet.getRange(row,column_of_key).getValue();
    options[String(key)] = sheet.getRange(row,column_of_key + 1).getValue();
    row++;
  }
  
  //  毎日入力
  array_to_input[1] = new Date(startDate + " " + startTime);
  array_to_input[2] = new Date(startDate + " " + endTime);
  // Browser.msgBox('テスト');
  event = calendar.createEventSeries(array_to_input[0], array_to_input[1], array_to_input[2], recurrence, options);
  event.setColor(color);
  
}

繰り返す日数を計算します。11/30や12/31などで日数にブレが生じるのでday_of_EOMを処理に噛ませます。

  // 日数を設定する。(開始月と終了月が異なるかどうかで場合分け。閏年には非対応。)
  if (endDate.slice(5, 7) === startDate.slice(5, 7)) {
    num_of_date = Number(endDate.slice(-2)) - Number(startDate.slice(-2)) + 1;
  } else {
    num_of_date = Number(endDate.slice(-2)) + Number(day_of_EOM[startDate.slice(5, 7)]) - Number(startDate.slice(-2)) + 1;
  }

ここで繰り返し入力の方法を設定します。

  // 繰り返し方を設定する。
  let recurrence = CalendarApp.newRecurrence().addDailyRule().times(Number(num_of_date));

この部分で、実際にカレンダーに入力します。calendar.createEventSeries()で連続入力します。

  //  毎日入力
  array_to_input[1] = new Date(startDate + " " + startTime);
  array_to_input[2] = new Date(startDate + " " + endTime);
  // Browser.msgBox('テスト');
  event = calendar.createEventSeries(array_to_input[0], array_to_input[1], array_to_input[2], recurrence, options);
  event.setColor(color);

おしまい

135ml
135ml

よし、これで入力した予定を1日ずついじれるようになったぜい・・・ モグモグ

リサちゃん
リサちゃん

ボンカレーおいしいねえ・・・ モグモグ

135ml
135ml

たまに食べたくなるよなあ・・・

このジャガイモが1番好きかもしれんなあ・・・ モグモグ

リサちゃん
リサちゃん

また買ってくるかあ・・・

カレンダーにタスクとして入力しておこう・・・ モグモグ

おまけ

ペンギン
ペンギン

今回のスクリプトのソースは、このリポジトリに入っているのでよければぜひ探してみて下さい!

GitHub - landmaster135/spread-sprite-spring: The memorandum to edit spreadsheet for Google Apps Script or VBA.
The memorandum to edit spreadsheet for Google Apps Script or VBA. - GitHub - landmaster135/spread-sprite-spring: The memorandum to edit spreadsheet for Google A...

以上になります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました